2015年が間もなく終わる。徳川家康(とくがわいえやす)400回忌に合わせた日光東照宮400年式年大祭は、地域の歴史と魅力をあらためて県民に伝えた。県内広域水害は自然の脅威をまざまざと見せつけた。競泳の萩野公介(はぎのこうすけ)選手、プロ野球ヤクルトの真中満(まなかみつる)監督らの活躍に心躍り、サッカーJ2栃木SCの降格にはため息をついた。読者が選んだ十大ニュースから、ことし1年の県内を振り返る。

2015年県内10大ニュース

  • (11)宇史跡足利学校が日本遺産認定(04月25日)
  • (12)シャープ中期経営計画に栃木工場撤退案含まれず(05月15日)
  • (13)1型糖尿病の男児を死亡させたとして、下野市の自称祈祷師の男逮捕(11月27日)
  • (14)県産イチゴ輸出再開(02月06日)
  • (15)宇都宮市の認可外保育施設で乳児を死亡させたとして、元施設長ら逮捕(07月24日)
  • (16)次世代型路面電車(LRT)事業の運営会社設立(11月07日)
  • (17)日光市の「日光街道ニコニコ本陣」オープン(04月28日)
  • (18)70回目の終戦の日に本県遺族ら戦没者の鎮魂祈る(08月16日)
  • (19)自転車の全日本選手権大会が那須町を中心に本県で初開催(06月28日)
  • (20)JR小山駅西口のビル「ロブレ」の核店舗「イズミヤ小山店」閉店(09月01日)

過去の10大ニュース