高知空港事務所は7日、同空港の保安検査場で検査をやり直したトラブルの原因は金属探知機の電源切れで、やり直した対象は約200人だったと発表した。