急ピッチで進むクリスマスケーキ作り=22日午前9時10分、壬生町通町

 県内の洋菓子店で、クリスマス用のケーキ作りがピークを迎えている。

 Web写真館に別カットの写真

 壬生町通町の「ケーキハウスヒガノ」では、クリスマス用に生クリームやチョコレートを使ったホールケーキなどを販売。22日は早朝から10人の菓子職人らが作業に当たった。回転台に載せたスポンジケーキにクリームを塗り、町特産のイチゴやサンタクロース型の砂糖菓子などを飾り付けると、作業台には華やかなケーキがずらりと並んだ。

 オーナーの日向野敬司(ひがのけいじ)さん(38)は「25日までに約1500個作る予定。手作りにこだわっているので、できたてのおいしさを感じてほしい」と話していた。