約9年ぶりに全貌を現した三仏堂=26日午前7時55分、日光市山内、小型無人機から

 日光市山内の世界遺産日光山輪王寺で、「平成の大修理」のため本堂「三仏堂」を覆っていた工事用建物「素屋根」の解体が26日までに完了し、約9年ぶりにお堂の全貌が現れた。

 三仏堂は2010年に素屋根で覆われた。今秋に建物の修理が完了し、素屋根を少しずつずらして解体する作業が行われた。残りの足場や基礎部分は来年5月末までに撤去し、来年度中には修理が終わる予定だ。

Web写真館に別カットの写真

 参拝者が奉納した10万枚超の銅瓦と木材で張り替えた屋根や朱塗りの柱などが久しぶりに陽光で輝き、訪れた人を圧倒している。

 輪王寺の鈴木常元(すずきじょうげん)教化部長は「少しずつお堂の姿が見えるようになり、期待が高まっていた。巨大さを改めて感じる」と話した。