ひまわりカレーを試食する関係者

 【野木】町をイメージしたご当地グルメ「のぎめし」に新メニューが加わり、町商工会館で15日、関係者に披露された。丸林の「カレーハウス」が創作した「ひまわりカレー」で、町産野菜を使ったサラダとセットで提供される。

 ひまわりカレーは町花のヒマワリをイメージしてライスを囲むようにルーを盛り付け、ローストしたヒマワリの種をトッピングした。ルーはスパイスを調整し黄色っぽく仕上げた。税込み800円。

 のぎめしの創作は、昨年の栃木デスティネーションキャンペーンを機に、町商工会などの呼び掛けに応じて町内の飲食店で始まり、今回で8店目。町商工会の小島三利(こじまみつとし)会長は「夏のひまわりフェスティバルまでには、10店にしたい」と話している。