真っ黒な煮込み(手前)と、あごだしのおでん(左)。大衆酒場らしくどのメニューもリーズナブル

 オリオン通りに昨年8月にできたお店。青いタイルのおしゃれな外観にひかれて、入り口をくぐった。

 Web写真館に別カットの写真

 「最近は寒いのでおでんと煮込みがよく出ます」と斎藤和宏(さいとうかずひろ)店長(37)。「おでん おまかせ盛」(税別580円)と「煮込みセット」(同650円)を頼んだ。

 おでんは卵、大根など5種類の盛り合わせ。あごだしで、あっさりとした上品な味わいだ。

 「とにかくインパクトを」と考案された煮込みは、スープが真っ黒。黒さの秘密を尋ねると「竹炭パウダーです。無味無臭で身体にも良いのでちょうどいいと思って」と斎藤店長が教えてくれた。セットは牛すじと豆腐と卵。牛すじは程よく柔らかく、色はもちろん味もしっかり染みている。

 厨房(ちゅうぼう)にいる斎藤店長が慣れた手つきでせっせと何かを包んでいる。シューマイだ。3個で税別480円。皮から手作りで、包みたて、蒸したてを味わえる。斎藤店長は「安価でおいしいものを食べてもらいたい」と話す。

 ドリンクメニューを見ていると「最強レモンサワー」(同580円)が目に留まった。凍らせた国産レモン1個分が氷の代わりに入っている。レモンが溶けるまで300円(税別)でおかわりできるうれしい仕組み。ついつい飲み過ぎてしまいそうだ。

 メモ 宇都宮市江野町1の8▽営業時間 午後5時(土日祝日は午後4時)~午前0時▽定休日 無休▽(問)028・639・0066