22日正午ごろ、日光市藤原の国有林内で、パトロールしていた日光森林管理署の男性職員(31)が人骨のようなものを発見し、今市署に通報した。白骨化した頭蓋骨で、目立った外傷はなく、付近に遺留品もなかった。同署で獣骨の可能性も含め、性別や身元などを調べている。