直径約70メートル、深さ約30メートルもの大穴が空いた大陥没。住民は避難所で眠れぬ夜を過ごした=1989年2月、宇都宮市大谷町

30年前に発生した坂本地区の陥没現場。市道643号線(写真中央)は現在も通行止めが続く=8日午後、宇都宮市大谷町、小型無人機から

直径約70メートル、深さ約30メートルもの大穴が空いた大陥没。住民は避難所で眠れぬ夜を過ごした=1989年2月、宇都宮市大谷町(左)、30年前に発生した坂本地区の陥没現場。市道643号線(写真中央)は現在も通行止めが続く=8日午後、宇都宮市大谷町、小型無人機から、(右)

直径約70メートル、深さ約30メートルもの大穴が空いた大陥没。住民は避難所で眠れぬ夜を過ごした=1989年2月、宇都宮市大谷町 30年前に発生した坂本地区の陥没現場。市道643号線(写真中央)は現在も通行止めが続く=8日午後、宇都宮市大谷町、小型無人機から 直径約70メートル、深さ約30メートルもの大穴が空いた大陥没。住民は避難所で眠れぬ夜を過ごした=1989年2月、宇都宮市大谷町(左)、30年前に発生した坂本地区の陥没現場。市道643号線(写真中央)は現在も通行止めが続く=8日午後、宇都宮市大谷町、小型無人機から、(右)

宇都宮市北西部に位置する大谷町坂本地区の大谷石採取場跡地で、大規模陥没事故が発生してから10日で3…