雪が降る中、横断歩道を渡る人たち=9日午後4時30分、宇都宮市馬場通り1丁目

 低気圧や寒気の影響で9日の県内は広い範囲で降雪があった。宇都宮地方気象台によると、午後9時までの24時間降雪量は那須高原と土呂部が11センチ、奥日光9センチ、宇都宮2センチだった。

 10日午後6時までの24時間降雪量は多い所で山地10センチ、平地5センチと予想している。同気象台は雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意を呼び掛けている。

 一方、県警によると、9日午後6時までにスリップ事故が21件発生したが、けが人はいなかった。