商品を品定めする来場者

 【益子】さまざまな手作り商品を販売する「ましこ手作り暮らふと市」が益子の益子焼窯元共販センター駐車場で開かれている。11日まで。

 同実行委員会が主催。作家が来場者とやりとりしながら商品を販売することで刺激をもらい、陶芸だけにとどまらない「手仕事のまち」としてさらに盛り上げようと実施している。

 全国からガラスや革製品など手作り商品を扱う50店舗が参加。10日も多くの来場者が訪れ、作家らと会話を楽しみながら品定めしていた。

 小物を購入した栃木市薗部町4丁目、公務員黒川知英(くろかわともひで)さん(29)、かおりさん(28)夫妻は「作った人と話しながら買えるので安心できる。商品を大切にしようと思えますね」と話した。