「壬生 純米大吟醸」の瓶を手にする飯沼社長(左)と増田社長=12日午前、栃木市

酒蔵のない壬生町の“地酒”をつくろうと昨年誕生した「壬生 純米大吟醸」が、今年も販売される。