晴天の下、鮮やかに咲くマンサク=17日午前、足利市樺崎町

 足利市樺崎町の塩坂峠付近で、マンサクが見頃を迎え春の近づきを知らせている。17日は地元の北郷観光協会主催のハイキング大会も開かれ、市内外からの参加者約120人が心地よい汗を流した。

 Web写真館に別カットの写真

 塩坂峠は同市東部に位置している。麓の広場には、赤や黄色のマンサクの木20本が植えられ、1・5センチほどの細長い花びらが早春の風に揺れている。ハイキング客は満開となった花に足を止め、写真を撮るなどして楽しんでいた。

 同協会の松村兵三(まつむらひょうぞう)会長(83)は「見頃は3月上旬まで。特徴的な形をしているので、近くに寄って見てみてほしい」と話していた。