【佐野】市は18日、4月1日付の市職員人事異動を内示した。部長級は9人が退職し、9人が昇任する。こども福祉部長に中村正江(なかむらまさえ)社会福祉課長が就任する。女性が部長級に就くのは合併後2人目という。また行政の総合的な企画や調整などに当たる総合政策部長には、大木聡(おおきさとし)教育総務部長が就任する。

 新任の部課長27人中7人を女性が占めるなど、女性の管理職への登用を積極的に進める人事を行う。全ての部課長92人のうち、女性が占める人数は前年度比2人増の13人となる。

 実質的な異動者は前年度比54人増の383人で、例年並みの異動規模。退職者は副市長に就く加藤栄作(かとうえいさく)総合政策部長ら計40人で、新規採用職員は38人。

 部長級の異動は次の通り。(4月1日、○は昇任)

 【部長級】総合政策部長(教育総務部長)大木聡▽行政経営部長(観光スポーツ部長)松本仁▽こども福祉部長(社会福祉課長)○中村正江▽健康医療部長(医療保険課長)○内田勉▽観光スポーツ部長(スポーツ立市推進課長)○関口吉丸▽都市建設部長(道路河川課長)○越石彰▽都市建設部次長(国土交通省)木住野誠▽水道局長(佐野地区衛生施設組合事務長)大澤信夫▽会計管理者(財産活用課長)○木村晴一▽監査委員事務局長(選挙管理委員会)○津布久高明▽教育総務部長(教育総務課長)○吉田重弥▽消防本部消防長(消防本部次長)○船田英男▽佐野地区衛生施設組合事務長(水道局総務課長)○相子秀夫▽国土交通省(都市建設部次長)阿部昌幸