満開の桜と菜の花畑の間を走るSL

 真岡市熊倉町の真岡鉄道北真岡駅付近で13日、満開の桜と菜の花の中をSLが走り、沿道に多くの見物人が訪れた。

 撮影ポイントは同駅から東約800メートルまでの区間。SL運行は土日のみなため、1シーズンに数回しかない桜や菜の花とSLの競演を、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンらが写真に収めていた。

 父、母、妹の家族4人で訪れた、宇都宮市雀宮中2年安倍康司(あべこうじ)さん(13)は「ここに来ると春が来たなと感じます」と話した。