統一地方選後半戦の芳賀、上三川町長選と5町議選は16日、告示される。

 任期満了に伴う芳賀町長選は、いずれも無所属で、再選を目指す現職の見目匡(けんもくただし)氏(67)と新人で町議の警備会社社長水沼孝夫(みずぬまたかお)氏(57)が立候補を表明。前回に続き現職と新人による一騎打ちの公算が大きい。

 同じく任期満了に伴う上三川町長選は、3選を目指す無所属で現職の星野光利(ほしのみつとし)氏(56)=自民、公明推薦=の無投票当選が確実な見通し。

 益子町議選は定数16に現職10人、元職1人、新人5人の計16人が立候補を予定。

 茂木は定数14に現職13人、新人2人の計15人が立候補を予定する。過去2回連続の無投票から一転、1人オーバーの選挙戦となる見込みだ。

 市貝は定数12(欠員1)に現職10人、新人4人の計14人が立候補するとみられる。

 芳賀は定数14に現職11人、新人4人の計15人が立候補を予定し、少数激戦となる模様だ。

 野木は定数14に現職12人、新人6人、元職1人の計19人が立候補予定。このほか共産党県委員会が、公認候補1人を擁立する動きがある。

特集 とちぎの選挙