任期満了に伴う上三川町長選は16日告示された。立候補を届け出たのは現職の星野光利(ほしのみつとし)氏(56)=無所属、自民、公明推薦=のみで、無投票で3選を果たした。 

 星野氏は届け出後、町内6カ所で遊説を行い、町民の健康づくりや防災力の向上など2期8年の実績を挙げて支持を訴えた。

 午後5時に立候補が締め切られ、星野氏の無投票当選が決まると、同町上郷の選挙事務所前に集まった支持者から大きな拍手が湧き起こった。午後5時半からの「新たな町づくりに向けての出陣式」には、船田元(ふなだはじめ)衆院議員ら国会議員、佐藤栄一(さとうえいいち)宇都宮市長ら県内自治体の首長らが駆け付け、星野氏の当選を祝った。

特集 とちぎの選挙