人気のレバーネギ塩(手前左)など、店主のお薦め料理

 串に豚肉を刺して焼く「焼きとん」の専門店。コの字形カウンターに座ると、店主の石井一男(いしいかずお)さん(59)が目の前で肉を焼いていく。香ばしい匂いに期待が膨らみ、おなかがぐうぐう鳴り始める。

 Web写真館に別カットの写真

 1番人気は「レバーネギ塩」(2本で税別300円)。焼いたレバーに塩だれとネギ、ゴマ油をかけ、食べる時は串から外してタレをたっぷり絡める。濃厚な味で「レバーが苦手でも『これなら食べられる』と話すお客さんは多い」という石井さんの言葉にもうなずける。

 続いて「カシラ」「トントロ」「テッポウ」(それぞれ1本で税別100円)が完成した。カシラとトントロは秘伝のみそだれをたっぷり付けて焼き上げた一品で、ピリ辛のタレと肉がとてもよく合う。舌の根本付近の部分を焼いた「厚焼タン大串」(同250円)は、しっかりした食感の肉がたっぷり味わえ、食べ応えが抜群だ。

 石井さんは2010年4月、民間企業を50歳で退職して店を始めた。以来、妻の俊子(としこ)さん(60)と2人で切り盛りしている。

 料理はもちろんだが、石井さん夫妻がつくり出す店内の雰囲気がいい。常連客も交えておしゃべりを楽しみ、肉を頬張る。胃袋だけでなく、心も満たされること間違いなしだ。

 メモ 宇都宮市駅前通り1の2の9 シティ第一ビル1F▽営業時間 午後5時~10時(ラストオーダー)▽定休日 日曜、祝日。月曜は不定休▽(問)028・643・6410