大勢の観衆を前にポーズを取るゆるキャラたち=20日午前、栃木市川原田町

 県内外のゆるキャラ計25体が集結したイベント「きゃわふぇすin栃木市」(同市主催)が20日、同市総合運動公園総合体育館で開かれた。同市の「とち介」などが登場し、多くの親子連れでにぎわった。

 Web写真館に別カットの写真

 昨年に続き2回目の開催。とち介と和をイメージしたサークル「きゃわ和(わ)」を結成した水戸市の「みとちゃん」、千葉県佐倉市の「カムロちゃん」らのほか、佐野市の「さのまる」、島根県の「しまねっこ」などが集まった。

 ゆるキャラたちはサッカーボウリングや福笑いなどのミニゲームで会場を盛り上げた。来場者はゆるキャラたちと写真を撮ったり、とち介の和菓子やレザークラフト作りを体験したりするなどして楽しんでいた。

 同市大宮南小3年、早乙女心音(そうとめみおん)さん(8)、結音(ゆおん)さん(8)は「とち介が一番好きだけど、みんなかわいかった」と話した。