旬の魚にこだわる木村さん自慢の「初ガツオのカルパッチョ」

 「魚も野菜も、旬のものシンプルに調理」「ワインは自然派を中心に」。ユニオン通りにあるコンパクトでかわいらしい店には、オーナーの木村悠(きむらゆう)さん(36)の大きなこだわりが詰まっている。

Web写真館に別カットの写真

 木村さんは元々すし職人という異色の経歴の持ち主。「洋食の世界に入ったのは、食の世界全般を理解し、最終的には和食に生かすため」だった。しかし、修業をしていくうちにすっかりイタリアンのとりこに。「魚って、日本酒に合うだけじゃないんだと。自分の概念が覆されましたね」と振り返る。

 看板メニューは旬の魚を使ったカルパッチョ。4月から5月中旬は初ガツオのカルパッチョ(税込み1400円)が楽しめるという。さすがは元すし職人。オリーブオイルがかかった分厚い切り身は美しく、食欲をそそる。味は、さっぱりとしたカツオと濃厚なオリーブオイルが絶妙にマッチする。アクセントのケッパーは通常よりも大ぶり。野生の実を手摘みしたものなんだとか。

 お酒は、自然派ワイン(グラス同400円~)から楽しめ、白ブドウを赤ワインの作り方で醸造した珍しい「オレンジワイン」も取りそろえてている。県内でオレンジワインが飲める店は限られているという。これは良い店を見つけた。

 洋の中に息づく和のテイスト-。この感動を早く誰かに体感してもらいたい。

 ◆メモ 宇都宮市伝馬町2の20▽営業時間 午後6時~11時(ラストオーダー)▽定休日 木曜日▽(問)028・634・5131