見頃を迎えたジャーマンアイリス=10日午後1時20分、下野市下古山

 下野市下古山の「石橋あやめ園」でジャーマンアイリスの花が見頃を迎えている。青色や紫、黄色など色鮮やかに咲く姿が訪れた人の目を楽しませている。

Web写真館に別カットの写真

 ジャーマンアイリスは「虹の花」とも呼ばれるアヤメ科の植物。同園ではビニールハウス12棟で約200品種、3万株を栽培している。現在は早咲きの品種が満開。全体では五分咲きで、5月下旬まで楽しめるという。

 晴天に恵まれた10日は、午前中から家族連れなどでにぎわった。兄弟3人で訪れた栃木市藤岡町藤岡、無職篠崎篤志(しのざきとくし)さん(76)は「種類が豊富で、こういう場所はあまりない。紫の花が特に気に入った」と話した。

 入場無料。気に入った花は購入できる。