開花が進む妙雲寺のボタン=13日午前、那須塩原市塩原

 那須塩原市塩原の古刹(こさつ)「妙雲寺」で、彩り豊かなボタンを楽しめる「ぼたんまつり」(塩原温泉観光協会主催)が開かれている。13日、来園者は赤や白、紫色といったボタンの花と新緑の“共演”を楽しんでいた。31日まで。

Web写真館に別カットの写真

 約200種3千株のボタンが本堂裏や墓地周辺に植栽されている。寺の檀家(だんか)でつくる「牡丹(ぼたん)を育てる会」によると、現在三分咲きで、20日ごろに見頃を迎えるという。

 新緑に囲まれた境内ではボタンのほか、フジやサクラの花も開花。宇都宮市中里町、会社員渡辺章夫(わたなべあきお)さん(59)は「ボタンと新緑、サクラを見ることができ、一度に春を楽しめた気分」と笑顔を見せた。

 午前8時半~午後4時半。入園料は200~400円。(問)同観光協会0287・32・4000。