日本ハムが2―1で逃げ切り、吉田輝星投手がデビュー戦で勝ち投手となった。