「とちぎの子ども育成憲章」などが印刷されたうちわ=13日午後、県庁本館

 子育ての指針となる「とちぎの子ども育成憲章」の制定10周年を記念し、県県民生活部は14日までに、マスコットキャラクター「とちぎの元気な子ども育て隊!!」などがプリントされたうちわ1万枚を作製した。15日の県民の日に合わせて県庁で開く記念イベントなどで配布する。

 育成憲章は2010年2月に制定された。うちわの表面には「子どもたち一人一人を尊重し命を大切にします」「とちぎの豊かな自然 伝統 文化を守り子どもたちに引き継ぎます」など5項目の文言を記載。裏面は育成憲章の10歳の誕生日を祝うケーキを、5色の戦隊ヒーローに扮(ふん)したとちまるくんが囲むデザインにした。

 22日に大田原市の那須野が原ハーモニーホールと宇都宮市のパルティでそれぞれ開かれる県民のつどいで配るほか、各種行事で随時提供する。希望者には県人権・青少年男女参画課で無料配布する。

 同課の担当者は「憲章は大人に理解してほしい内容。10周年を機に認知度を高めたい」と話している。

 (問)同課028・623・3075。