ダンスを踊るようなユーモラスな形のダイコンを持つ滝田さん

 【茂木】飯野、アルバイト滝田春男(たきたはるお)さん(65)方の家庭菜園で、手足が生えたような奇妙な形のダイコンが取れ、一家に明るい話題を提供している。

 滝田さんが、遊びに来た姉に土産をと、12日に自宅前の菜園で4本抜いたうちの1本。足を交差させ、短い腕まで付いている。あまりにかわいいので長女の春香(はるか)さん(40)がビニールに油性ペンで顔を描いて巻き付けると、まるで女性がダンスを踊っているような姿になった。

 「かわいいとか、面白いとか言って家じゅう爆笑でした」と笑顔で話す滝田さん。「僕はプラス思考。きっと何かいいことがあるに違いない」と“吉兆”を予感していた。