一面に広がるヒマワリ

一面に広がるヒマワリ

一面に広がるヒマワリ 一面に広がるヒマワリ

【野木】野木の約1ヘクタールの遊休農地で、約8万本のヒマワリの花が一面を黄色に染めている。

 地域の景観を守る活動をしている野木環境保全会が「キッズスマイル」という品種の種を4月下旬にまいた。町の花「ヒマワリ」を使って地域おこしを図りたいと、昨年から始めた取り組みだ。約10人のメンバーが協力して間引きなどを行い、120センチほどの高さまで伸びた。

 海老沼久雄(えびぬまひさお)代表(69)は「すくすく育ってくれた。一面に広がる姿を見ると幸せ」。メンバーの知久善一(ちくぜんいち)さん(69)は「写真撮影に来る人もいるのでうれしい」と頬を緩ませていた。