雑木林に網に入れたバナナを使ったトラップを仕掛ける子ともたち

水生生物を捕らえる籠網を仕掛けた池をのぞき込む子どもたち

池に水生生物を捕らえる籠網を仕掛ける子どもたち

雑木林に網に入れたバナナを使ったトラップを仕掛ける子ともたち 水生生物を捕らえる籠網を仕掛けた池をのぞき込む子どもたち 池に水生生物を捕らえる籠網を仕掛ける子どもたち

 【市貝】市塙(いちはな)のサシバの里自然学校でこのほど、子どもたち対象の自然遊び「夏のいきものキャンプ」が行われた。

 2泊3日の日程で、首都圏からの参加を含め小学生17人が参加。初日は虫捕りや、2日目以降に観察する生き物を捕るためトラップ(わな)を池や小川、雑木林に仕掛ける作業、カレー作りなどを楽しんだ。

 さくら市の生き物の専門家高橋伸拓(たかはしのぶひろ)さん(45)らの指導を聞いて作業した子どもたちは「何かいいもの入らないかな」「もう魚が入った」などと夢中になっていた。真岡市大谷台2丁目、三枝岳洋(みつえだたけひろ)君(12)は「タガメを捕りたい」と目を輝かせていた。

 同学校は24、25日のいきものキャンプJrの参加者を募集している。(問)同学校090・8500・0348。