1回、矢板南クラブの村上が中越えに先制打を放ち、自身も本塁を狙う=県営B

1回、簗瀬スポーツの北村が荒田の適時打で生還し、2点目を追加=県営A

6回、簗瀬スポーツの荒田裕がランニング本塁打を放つ=県営A

6回、簗瀬スポーツの荒田裕がランニングホームランを右中間へ放ち、3点を追加=県営A

1回、簗瀬スポーツの北村が先制打を中前へ放つ=県営A

1回、陽光学童の小野が2点適時三塁打を放つ=県営A

6回、福島(陽光学童)の適時二塁打で小平(同)が相手を突き放す7点目のホームイン=県営A

2回、鹿沼西スポーツの飯塚が右翼線に本塁打を放ちホームイン=県営A

市貝ウイングス四回、無死満塁から高橋が右前2点適時打を放つ=県営A球場

4回、市貝ウイングスの高橋が右前適時打を放ち、三走・川堀(中央)と二走・柳岡が生還=県営A

4回、足利南クラブの斎藤(奥右)が二盗に成功=県営B

1回、矢板南クラブの村上が中越えに先制打を放ち、自身も本塁を狙う=県営B 1回、簗瀬スポーツの北村が荒田の適時打で生還し、2点目を追加=県営A 6回、簗瀬スポーツの荒田裕がランニング本塁打を放つ=県営A 6回、簗瀬スポーツの荒田裕がランニングホームランを右中間へ放ち、3点を追加=県営A 1回、簗瀬スポーツの北村が先制打を中前へ放つ=県営A 1回、陽光学童の小野が2点適時三塁打を放つ=県営A 6回、福島(陽光学童)の適時二塁打で小平(同)が相手を突き放す7点目のホームイン=県営A 2回、鹿沼西スポーツの飯塚が右翼線に本塁打を放ちホームイン=県営A 市貝ウイングス四回、無死満塁から高橋が右前2点適時打を放つ=県営A球場 4回、市貝ウイングスの高橋が右前適時打を放ち、三走・川堀(中央)と二走・柳岡が生還=県営A 4回、足利南クラブの斎藤(奥右)が二盗に成功=県営B

 第50回記念県学童軟式野球大会兼マクドナルドカップ第36回町内選抜学童軟式野球大会第7日は18日、県営A、B両球場で5回戦8試合に熱戦を展開、前年準優勝の足利南クラブ(足利)、陽光学童(宇都宮)などがベスト8に進出した。

 矢板南ファイターズ(矢板)は2点を追う最終回に四球を足場に3安打で3点を奪い、豊郷南クラブ(宇都宮)に5-4で逆転サヨナラ勝ち。鹿沼西スポーツ(鹿沼)は、三島クラブ(那須塩原)に8-1とコールド勝ちした。

 陽光学童は6長打を含む8安打で7点を奪い、粘る馬頭ラッキー(那珂川)を7-5と退けた。歴代優勝チームである城北クラブ(佐野)も明治クラブ(上三川)に7-6と競り勝った。市貝ウイングス(市貝)は4点差を跳ね返す大逆転でNTサンライズ(宇都宮)を9-7で下した。

 大会第8日は24日午前8時半から、矢板運動公園野球場で準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まる。