ナイトフェスでは屋外の特大スクリーンに映画が上映される

 【宇都宮】幅広い市民に親しまれる競輪場を目指し、市公営事業所は23日、宇都宮競輪場で「うつのみやKEIRINナイトフェスティバル」を開く。競輪の迫力を知ってもらおうと、初のデモンストレーションレースを催す。屋外スクリーンで映画も上映する。

 デモレースは「オープニングレース」と称し午後6時半から。地元選手が本番さながらに勝敗を競う。「模擬車券抽選券」を来場者に配り、レース結果に応じて当選者に競輪場グッズなどを贈る。「的中感覚」を知ってもらう趣向だ。

 映画上映は午後7時から。県内最大級820インチの屋外スクリーンで子どもも楽しめるアニメを上映し、ライトアップされたバンクの中から鑑賞できる。

 選手の目線で競輪の走りを感じられる仮想現実(VR)体験、縁日コーナーもある。もつ煮、おでんといった「競輪場グルメ」やビール、カクテルも販売。浴衣姿の来場者にソフトドリンクをプレゼントする。

 入場無料。開場は午後4時45分。(問)競輪場028・625・0100。