JR東日本によると21日午後6時55分ごろ、宇都宮市茂原2丁目のJR宇都宮線第三茂原踏切で、踏切内の異常を知らせる信号を確認した宇都宮発上野行き上り通勤快速電車が停車した。踏切内に自動車が進入していたため、同線は東京~宇都宮駅間の上下線で一時運転を見合わせた。

 自動車を踏切外にレッカーで移動し、線路内と設備などに異常がないことを確認し、同8時2分に運転を再開した。上下2本が区間運休、上下8本が最大1時間13分遅れ、約2200人に影響した。