問題を解く中学生たち=25日午前、宇都宮市睦町

 中学2、3年生を対象とした下野新聞模擬テスト(下野新聞社主催)が25日、県内の私立高など5カ所と学習塾計約400カ所で行われ、計約1万人が参加した。

 国語、社会、数学、理科、英語の5教科を記述式で実施した。宇都宮市睦町の宇都宮短大付属高では、約1200人が真剣な表情で問題を解いていた。

 益子町七井中3年小倉芽生(おぐらめい)さん(14)は「社会が難しかった。受験に向けて対策をしっかりしていきたい」と話した。

 次回は中学3年生を対象に10月6日に実施される。中学2年生向けは来年3月29日に行われる。