県消防防災課は、熱中症とみられる症状で25日に計7人が救急搬送され、足利市の男性(84)が重症だったと26日発表した。他の搬送者は中等症1人、軽症5人だった。

 同課などによると、重症の男性は、2、3日前から腰痛があり体動困難となり自宅で様子を見ていたが、病状悪化傾向のため妻がかかりつけ医に電話相談し、救急要請を指示されたという。