真剣な表情で稽古を重ねる「劇団なすの」。左端は演出の印南さん

「このままではお客さんを喜ばせることができない。