モーターファンを楽しませている「ホンダレーシング展示」

 【さくら】ホンダのF1エンジンなどを展示する「Honda Racing 展示」が、氏家駅前さくらテラスで開かれている。10月14日まで。

 会場には、F1車両に搭載されたエンジン2017年のRA617Hと18年のRA618Hを各1基ずつ入れ替えで展示。さらにスーパーフォーミュラで活躍したSF14の実車も同時に見られる。ホンダのプロモーションビデオ放映やステッカー配布なども行われ、市内外からのモーターファンを楽しませている。

 会社の仲間と訪れた鹿沼市東町、会社員石川直樹(いしかわなおき)さん(34)は「エンジンの作り込みがすごくて、普通の車と精度が違う。これは地元で開発された結晶です」と感動していた。

 ホンダは、F1復帰後初優勝するなど好調なことから、パブリックビューイングも10月13日、氏家公民館で行われる

 展示は入場無料。午前9時~午後6時。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日休館)。(問)市商工観光課028・686・6627。