ポニーと触れ合う子どもたち

ポニーと触れ合う子どもたち

ポニーと触れ合う子どもたち

ポニーと触れ合う子どもたち ポニーと触れ合う子どもたち ポニーと触れ合う子どもたち

 【那須烏山】初音、旅行業石川翔平(いしかわしょうへい)さん(71)が白久の私有地に1人で作ったミニ動物園「セリナの丘」が、22日開園した。初日は市内外から家族連れら約200人が訪れ、ポニーやヤギなどの動物と触れ合った。

 約2300平方メートルの敷地にポニー2頭、ヤギ5頭に加え、ウサギやウコッケイ、チャボなどが放されている。家族4人で訪れた東京都江戸川区、小松川小3年藤田剛志(ふじたつよし)君(8)は、動物への餌やりなどを楽しみ「ウサギがかわいかった。またきたい」と喜んでいた。 

石川さんは今年に入り、仕事の合間を縫って小屋や柵作りに励んできた。動物は自宅で飼っていたものを移したほか、友人から譲り受けたり自費で購入したりした。

 ミニ動物園は無料で、土日祝日の午前9時~午後3時まで開放するほか、平日でも幼稚園や保育園など団体から希望があれば受け入れるという。

 石川さんは「今後さらに動物を増やしたり遊具を置いたりして、子どもが楽しめるようにしたい」と話した。(問)石川さん090・6115・7582。