9回、栃木GBの代打・飯原の適時二塁打で生還して喜ぶ二走の松井(左)と一走の原田=佐久総合運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)は22日、長野県佐久市の佐久総合運動公園野球場で第1戦を行い、東地区王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)が西地区王者の信濃に3-1で勝った。栃木GBはあと2勝すれば初のリーグ王者に輝く。

 試合は息詰まる投手戦となり八回を終わって0-0。栃木GBは九回に2死満塁の好機をつくると、代打で登場した飯原誉士(いいはらやすし)が左翼線に走者一掃の二塁打を放った。先発の斎藤誠哉(さいとうせいや)は7回無失点と好投。九回は3番手のジョンが1点を失いながらも後続を断った。
 リーグCSは全5試合の3戦先勝方式。第2戦は23日午後6時半から、長野市の長野オリンピックスタジアムで行われる。