NET119にアクセスして最初に表れるスマートフォンの画面

携帯電話から文字入力で119番できるシステムを周知する小山市消防本部のちらし

NET119にアクセスして最初に表れるスマートフォンの画面 携帯電話から文字入力で119番できるシステムを周知する小山市消防本部のちらし

 【小山】市消防本部は10月1日、聴覚や言語機能に障害がある人を対象に、携帯電話やスマートフォンから文字入力で素早く119番できる「NET119緊急通報システム」を開始する。利用するには事前登録が必要。9月29日に神鳥谷(ひととのや)の市健康医療介護総合支援センターで説明会を開く。

 同システムは全国的に導入が進んでおり、県内の消防本部としては6番目。

 対象者は市内または野木町に在住か通勤・通学している人のうち、音声による通話が困難な人。衛星利用測位システム(GPS)機能付きの携帯電話またはスマートフォンがあれば利用できる。

 あらかじめシステムに名前と住所などを登録しておき、通報用のウェブサイトにアクセスすると「救急」か「火事」を選ぶ画面が表れ、次に現在地を選ぶ画面が表れる。消防本部が受信すると、文字入力の会話形式(チャット)でやりとりができる。

 29日の説明会は午後1時半~3時半。システムの事前登録や練習通報もできる。手話通訳あり。事前登録は説明会以降も随時受け付ける。(問)同課0285・39・6660、ファクス0285・31・0182、市福祉課ファクス0285・24・2370、野木町健康福祉課ファクス0280・57・4193。