3回、栃木GBのルーカスが左前2点適時打を放つ=オロナミンC球場(提供写真)

 野球独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(CS)第3戦は13日、徳島県鳴門市のオロナミンC球場で行われ、BCリーグ王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は、四国アイランドリーグplus王者の徳島に3-5で敗れた。通算成績は1勝2敗。

 栃木GBは3点を追う三回、ルーカスの左前2点適時打で1点差に迫り、六回は2死二、三塁から相手投手の暴投で同点に追い付いた。しかし、七回に登板した3番手の橋詰循が2失点し、そのまま逃げ切られた。

 グランドCSは全5試合の3戦先勝方式。第4戦は14日午後6時から、同球場で行われる。