宇都宮地方気象台は17日午後5時5分、「大雨と洪水に関する栃木県気象情報」を発表した。県内は18日昼すぎから19日にかけて、雨が降るとしている。県内は台風19号による記録的な大雨の影響で地盤が緩んでいる所があり、今後、少しの雨で洪水の危険があり、土砂災害や河川の増水に注意・警戒が必要としている。

 同気象台によると、本県は18日昼過ぎから19日かけて低気圧や前線の影響で雨が降り、低気圧や前線の活動状況によっては大雨の恐れもある。

 17日午後6時から18日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで北部、南部ともに20ミリ。17日午後6時から19日かけて予想される総降水量は、いずれも多いところで北部、南部ともに50~100ミリの見込み。