2019年10月21日

金沢工業大学

農業イノベーションに向けて
北菱電興株式会社(金沢市)と金沢工業大学が新たな実証研究を開始
高品位いちご研究圃場を白山麓キャンパス内に設置
10月25日開催の「KIT地方創生イノベーションシンポジウム」で初公開します

 北菱電興株式会社(金沢市)と金沢工業大学ではこのたび、高品位ないちごの生産に向け、新たな実証研究を開始しました。白山麓キャンパス内に研究用の圃場を設置。10月25日(金)13時30分から金沢工業大学白山麓キャンパスで行われる「KIT地方創生イノベーションシンポジウム -Society5.0社会を目指した5G(第5世代移動通信)による教育研究イノベーションの創出」で初公開します。山間部をフィールドにした農業イノベーションは新たな地方創生につながるものとして期待されています。

 当日は15時45分からの「産学連携における5G 技術の活用に関して」の中で、
北菱電興株式会社 室長の酒元一幸氏から概要が説明されるほか、同社いなほ工場で金沢工業大学と進める、5Gを活用したSmart Smile Factory構想についても初めて発表が行われます。


白山麓キャンパス内に設置された研究用のいちご圃場。遮光カーテンの開閉や肥液も全自動で行われる
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910212368-O1-saK2H58J

KIT地方創生イノベーションシンポジウム
「Society5.0社会を目指した5Gによる教育研究イノベーションの創出」

日時:令和元年10月25日(金) 13時30分~17時(13時開場)
会場:金沢工業大学白山麓キャンパス Innovation Hub(石川県白山市瀬戸辰3-1)

13:30~13:45 オープニング(ご挨拶)
 金沢工業大学学長 大澤敏
 白山市長 山田憲昭氏
 NTTドコモ 執行役員 北陸支社長 川﨑博子氏 
13:45~14:15  「“IoT×5G×SDGs によるドコモの協創の取組み”」
 NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏
14:15~14:45 「エッジクラウドコンピューティングと空間情報生成の応用例」
 KUDAN 執行役員 技術担当 森山聡氏
14:45~15:15 デモセッション・休憩
 *この間、14時45分から15時まで、インタビュー取材が可能です
15:15~15:45 「Society5.0 社会に対応した教育研究について」
 金沢工業大学学長 大澤敏
15:45~16:15 「産学連携における5G技術の活用に関して」
 北菱電興株式会社 室長 酒元一幸氏  
 金沢工業大学教授 鈴木亮一
16:15~17:00 研究プロジェクト展示、5G関連技術デモ、農業IoT農圃見学

主催:金沢工業大学 
共催:株式会社NTTドコモ北陸支社
協力:北菱電興株式会社 
後援:白山市(予定)

■お問合わせ先
金沢工業大学産学連携局 TEL:076-294-6740  E-mail : isp@kanazawa-it.ac.jp

研究用いちご圃場(手前)。金沢工業大学白山麓キャンパスは実証実験キャンパスとして平成30年に開設された。地元企業、産業界、自治体との連携を通して「未来の産業を創生する」全学横断型イノベーションプロジェクトを推進。IoT、AI、ビッグデータ、エネルギーマネジメント等を駆使した様々な研究が行われる。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910212368-O2-28S3L6uv