iPS細胞から作った心筋シートを心不全患者に移植する治療法について、大阪大のチームが治験として実施するため厚生労働省の審査機関に近く申請することが23日分かった。