バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは23日、東京都の墨田区総合体育館で同地区首位のSR渋谷と対戦し、91-81で競り勝った。6連勝で通算成績は6勝2敗。

 ブレックスは第1クオーター(Q)に18-20とリードを許したが、第2Qは激しい守備で主導権を握り、42-39と逆転した。第3Qは渡辺裕規のの7連続得点などで72-59とリードを拡大。第4Qも流れを渡さずに逃げ切った。

 次節は26日午後6時5分から、富山県の西部体育センターで中地区の富山と対戦する。