台風被害からの復興を願い打ち上げられた花火=露光13秒

 【那須烏山】市は16日、台風19号の影響で延期した市民秋まつりを田野倉の市保健福祉センター大駐車場で開催した。夜には約2千発の花火が打ち上げられ、秋の夜空を見上げた観客から歓声や拍手が湧き起こった。

 川俣純子(かわまたじゅんこ)市長があいさつに立ち、「台風で大きな被害を受けたが、多くの方の寄付と熱意で開催できうれしく思う。復興に向け、皆さんの心の中に花を咲かせたい」と訴えた。

 当初は10月19、20日の両日に開催される予定だった。日中は、自由広場おもてなしコーナーで飲食物などが販売された。