佐藤市長(後列右から3人目)らを表敬訪問したさつきドリーマーズ

 【鹿沼】市内を拠点に活動する「さつきドリーマーズマーチングバンド」と「さつきドリーマーズバトントワーリング」が、今月千葉市内、さいたま市内で開かれる全国大会に出場する。2年連続3回目のダブル全国大会出場を決めた両団体のメンバーら8人は11月28日、市役所を訪れ、佐藤信(さとうしん)市長らに全国大会への出場を報告した。

 さつきドリーマーズは2002年に結成され、現在は市内を中心に県内外の幼稚園児から社会人までの約80人で活動。週末、市内の体育館などに集まり、練習に励んでいる。

 11月10日に千葉市内、さいたま市内で行われた関東大会で両団体共に金賞を受賞し、昨年に続いて全国への切符を手にした。

 バトントワーリングの北押原中2年宇野木琉那(うのきるな)さん(13)、みなみ小2年娃良(あいら)さん(7)姉妹は「関東では緊張して失敗した部分もあった。全国ではチーム一丸となり、まとまって頑張りたい」「笑顔で楽しく頑張って、金賞を取ってきます」と健闘を誓った。

 マーチングバンドの兼目直子(けんもくなおこ)さん(30)は「関東代表として2連覇して帰れるように、引き続き初心に返って練習したい」と気を引き締めた。