大福が完売し笑顔を見せる栃木農業高の生徒たち

 【栃木】栃木農業高は5日、東武宇都宮百貨店栃木市役所店で同校特製の大福を販売した。多くの市民らが買い求め、大盛況のうちに完売した。

 同店との共同企画「栃農マルシェ」の一環。大福は同校食品化学科が作っており、学校祭「栃農祭」などで販売される人気商品という。この日は午前10時の開店前から客の行列ができ、用意した大福114個が約40分で完売した。その後も訪れた客から「終わっちゃったのかい」などの惜しむ声が多く届いた。

 完売に生徒たちは満足そう。同科1年、久田(ひさだ)アイリさん(15)は「笑顔で『ありがとう』と言われるとうれしい。頑張ったかいがあった」と話していた。