関係者が参加した天皇、皇后両陛下の即位奉祝記念植樹式

 【那須】皇室にゆかりのある那須で天皇、皇后両陛下の御即位を祝おうと、記念植樹式が11日、道の駅那須高原友愛の森で行われ、関係者約20人が作業した。

 町職員や経済団体などでつくる天皇陛下御即位奉祝記念式典実行委員会が主催。那須御用邸があり、天皇陛下など皇族が静養に訪れる町として奉祝のよろこびを共有し、後世に残そうと企画した。

 苗木は皇后雅子さまのご成婚を記念して名付けられた「プリンセス雅」1本と、ソメイヨシノ系の「ジンダイアケボノ」5本を用意。関係者はスコップで丁寧に土をかけていった。

 桜は遅くとも3年以内には開花する見込み。同会の平山幸宏(ひらやまゆきひろ)委員長は「桜の美しい成長とともに、町も美しく成長したい。今後も両陛下そろって町にお越しいただけることを町民とともに心からご期待申し上げる」と話した。