江藤拓農相は13日朝の閣議後記者会見で、豚コレラ(CSF)感染拡大防止のため、20日に日光市足尾町の国有林で、自衛隊のヘリコプターを使って野生イノシシ向けの経口ワクチンを空中散布すると表明した。

 陸上自衛隊北宇都宮駐屯地のヘリから、約5千ヘクタールのエリアに約2500個のワクチンを散布する。水源地や民家周辺、イヌワシの生息地などは避けて散布するという。