今季の飛躍を誓う栃木SCの田坂監督(前列中央)と新加入選手=12日午後、宇都宮市馬場通り4丁目

 サッカーJ2栃木SCは12日、宇都宮市馬場通り4丁目のうつのみや表参道スクエアで2020年シーズンの新加入選手記者会見を開き、元日本代表で前新潟のFW矢野貴章(やのきしょう)(35)ら12人が今季の意気込みを語った。

Web写真館に別カットの写真

 新入団選手のほか田坂和昭(たさかかずあき)監督、山口慶(やまぐちけい)強化部長、橋本大輔(はしもとだいすけ)社長が出席した。田坂監督は「昨季終盤のハードワークをするサッカーが今季のベース。そのスタイルに合う選手を補強した」と陣容を説明した。

 会見会場には40人のサポーターも招待された。茂木町出身で法政大のMF森俊貴(もりとしき)(22)は「チームのために労を惜しまないプレーをしたい」と活躍を誓った。

 栃木SCは同日、宇都宮二荒山神社で必勝祈願を行い、市バンバ市民広場で交流イベント「必勝祈願祭」も開催した。