CM「出席確認編」

CM「転校生編」の一場面

CM「出席確認編」 CM「転校生編」の一場面

 【真岡】3月14、15日に市内で初開催される「全国いちごサミットinもおか2020」のPR用CM動画2本を同実行委員会が製作、市ホームページ(HP)や下野新聞社動画サイト「Movemate」で公開している。学校の教室を舞台に全国各地で生産されているイチゴの品種に扮(ふん)した子どもたちが登場し、「面白い」などと好評だ。

 CMは30秒の「出席確認編」【動画】全国いちごサミット in もおか2020 CM~出席確認編~と15秒の「転校生編」【動画】全国いちごサミット in もおか2020 CM~転校生編~。出席確認編は、イチゴの語呂に合わせた「1年5組」の教室で、真っ赤なイチゴのかぶりもの姿の子どもたちが本県の「とちおとめ」や福岡県の「あまおう」など23道県のイチゴに扮し、先生から名前を呼ばれ「はい」と元気にあいさつ。最後は全員でサミットのキャッチコピー「いちごはひとつ」の声に合わせ、人さし指を高く掲げる。

 「転校生編」では同じクラスに本県の新品種「栃木i37号」役の女児が出席。「転校してきました。栃木i37号です」と自己紹介し、先生が「仲良くできるかな」と呼び掛けると級友たちが「いちごはひとつ」と転校生を取り囲み歓迎する。

 実行委によると、市内を拠点に活動する「真岡ミュージカル」などに所属する小中学生が出演している。市HPには24日からアップされ、「市民から『かわいい』『面白い』といった声が多く寄せられている」(市情報政策課)という。