乃木神社で行われた防災訓練

 【那須塩原】1月26日の文化財防火デーに合わせ、国登録有形文化財の石林の乃木神社で28日、防災訓練が行われた。

 訓練には西那須野消防署員や同神社の職員など10人以上が参加。社務所から出火して本殿に延焼する可能性があると想定し、職員は参拝客を避難誘導し、署員は放水作業を行った。

 同神社は、本殿、拝殿が木造平屋で1916年に建立。昨年は国登録有形文化財に登録された。渡健二(わたりけんじ)宮司(60)は「国の有形文化財に登録され、ますます防火の意識を高めている。一段と気が引き締まる思いで訓練した」と話した。

 同署の藤田隆宏(ふじたたかひろ)署長(59)は「昨年発生した首里城の火災も踏まえ、貴重な文化財を守らなければならない。若い署員が現場での動きを学ぶいい訓練になった」と話した。