アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは15日、日光霧降アイスアリーナで東北と対戦、5-2で快勝した。2連勝で通算14勝21敗、勝ち点42。

 バックスは第2ピリオドまで追う展開。第1ピリオド14分53秒と第2ピリオド18分19秒にFW古橋真来(ふるはしまくる)がゴールを決めて同点に追い付いた。

 2-2で迎えた第3ピリオドは3分46秒にFW鈴木雄大(すずきゆうた)のゴールで勝ち越すと、8分10秒に大椋舞人(おおむくまいと)が追加点。さらに17分23秒に古橋が2日連続のハットトリックとなる5点目を奪った。

 バックスは16日午後2時から、同会場で東北と今季最終戦を戦う。